カジカ釣り

11/14/2010

2010/11/14 鬼怒川のカジカ釣りは楽しいな・・・。

11/14、鬼怒川上流に人生初のカジカ釣りに行ってきた。『つり人』がきっかけで霞ヶ浦で知り合ったS山さんにぜひにとお願いして連れて来てもらったのだ。『釣輪具雑魚団』の金森さんにも話したところ大乗り気だったので、2人まとめてお世話になることにした・・・。

1011141私にとってカジカは、子供の頃に信州の祖母の家の近くの川で石を引っくり返して何匹か捕まえた記憶があるぐらい・・・。

その後は『つり人』誌上で何度か目にして興味は持っていたが、なかなかきっかけが無かった。

さて、今回の釣り場は栃木県今市付近の鬼怒川。ちょうど大谷川との合流点付近だ。今回はよく見かける箱メガネを使った穴釣りではなく、あくまで探り釣りらしい。

タックルは、S山さんお手製の布袋竹のべ竿(三尺)に道糸1.5号をいっぱいに張り、がまかつ『袖』5号のハリを結び、ハリから3cm上にガン玉3Bを付けたシンプルなもの。餌はイクラだ。

この竿にはガイドが付いていて、道糸の長さを手元で自在に調節出来る。例えば探り釣りの時は道糸を竿いっぱいの長さに、穴釣りの時は仕掛け全長を5cm程度まで短く出来るすぐれものだ。

1011142さて、朝9時過ぎ、ウェーダーを履いて川に入る。朝のうちは水温が低く、カジカが穴の奥にいるらしいので、まずは穴釣りを試してみる。

水深が膝下位の場所を静かに歩きながら石が積み重なっているようなポイントを探し、しゃがみ込んで竿先を岩の間に突っ込む。

ドキドキしながら待つが、なかなかアタリが来ない・・・。

と、遠くで金森さんが最初の1匹を釣り上げ、その後も連発!負けじと私も何度か穴を変えながら探っていると、手元にコンッという明確なアタリが!

ドキドキしながら竿を上げると竿先をブルブル震わせながら可愛いカジカが上がってきた。

思わずホッとしてまじまじと見つめる。なんだか可愛いなぁ・・・。

1011143その後もしばらく穴釣りを続けたが、アタリも少なく次第に腰が辛くなって来たので、早々に探り釣りに切り替えた・・・。

自分の立ち位置の周囲の石積みをテンポ良く探ってみる・・・。

と、これが良かったようでポンポン調子良く釣れ始めた。

ちょうど日が高くなり、水温が上昇し始めたタイミングだったのも良かったようだ。

S山さん曰く、1匹釣れたらそこには何匹か居る可能性があるので粘ってみるのがキモらしい。

1011144首尾良くカジカのマンションを探し出せたら一ヶ所から5、6匹は絞りだせるそうだ。

私もなんとかパターンをつかもうと、釣れたポイントの水深、流れ、岩の状態を観察しつつ同じようなポイントを狙ってみる・・・。

釣り方は、岩の隙間に餌を打ち込んで、小刻みにシェイクしていると、穴の奥からカジカが出てきて、パクリと食いつき、手元にアタリが伝わるので、あとは素早く引き抜くだけだ。

その後、我々の後から箱メガネ穴釣り集団が川に入って来た。我々よりも一段深い本流筋を探っている様子だが、釣果を聞くと絶不調とのこと。

1011145どうやら今日はポカポカと暖かいのでカジカは浅場に寄っており、しかも活発に餌を追うので、テンポ良く探り歩く釣りに分があるようだ。

夢中になって釣っているうちに、気がつくと腰はもはや限界、膝も笑ってしまう始末・・・。

このままだと気を抜くと転んでしまいそうなので、14時に打ち止めとした。

結局正味4時間強で私は47匹、金森さんは32匹だった。

S山さん曰く初めてでそれだけ釣れれば上出来らしい。

1011146帰宅後にさっそく唐揚げにして妻と2人で食べたのだが、そりゃもう旨いのなんのって!

あっという間にたいらげてしまった。

それと骨酒も試してみたが、これも絶品!

いや~、カジカ釣り最高!

釣りも楽しいし、なんといっても旨い!

来年は年券買って通うぞー!布袋のノベ竿も探さなきゃ!

1011147

にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村

Twitter

February 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
無料ブログはココログ